地域の学習塾として20年 学研森本教室|金沢市

 地域の学習塾として小中学生を指導して20年の学研教室です。

学研森本教室_メインイメージ

ホーム ≫ ツバメの巣立ちまで ≫

ツバメの巣立ちまで

G20190401_ツバメs
今年もわが家にツバメのペアがやってきました(2019.4.1)。
春の訪れを告げる鳥はウグイスですが、ツバメも春とともにやってくるようです。
まもなく巣作りが始まりました。
G20190430_卵s_コピー
ツバメが巣の中にいる様子から、もうそろそろ産卵かなと気になっていました。
ツバメが留守の間にのぞいたら、卵が5個ありました(2019.4.30)。
G20190511_孵化s
孵化(ふか)からまもない5羽のヒナ(雛)です(2019.5.11)。
目がまだ開いていないし、もちろん羽もまだ生えていないです。
この写真を撮った直後に、巣の下に1個の卵の殻の半分を見つけました。
でもそれ以外の殻は見つかりません。残りの殻は、親鳥が食べたのでしょうか。
G20190517_エサねだりs
ヒナが、親鳥にエサ(餌)をねだって、元気に鳴いて大きな口を開けているところです(2019.5.17)。
「ツバメ調査」に来た森本小学校の6年生に『ツバメのお宿』シールをもらいました(2019.5.16)。
G201905290747_ツバメs
ずいぶんとツバメらしくなってきました(2019.5.29 朝)。
巣から乗り出しているように見えますね。
羽繕い(はづくろい)のように、ときどき飛ぶための準備をしていました。
実は、この後、青空に向かって・・・
G20190529_ツバメ1s

巣立ちのご挨拶をしているヒナたち(2019.5.29 午後)。
巣立ちの直後に見られる風景です。

まるで「無事に巣立つことができました」とご挨拶してくれているようです。