地域の学習塾として23年 学研森本教室|金沢市

 地域の学習塾として小中学生を指導して23年の学研教室です。

ホームブログページ ≫ ツマグロヒョウモンの産卵 ≫

ツマグロヒョウモンの産卵

G20231102_産卵に来た_t240
11月初めの暖かい日(11/2)に、チョウが「ビオラの苗」に飛んで来ました。
ビオラの苗は、まだほとんど「ふたば」が出ているだけです。
以前、初夏の頃に幼虫を飼育し、羽化を観察したことがある「ツマグロヒョウモン」のメスです。
幼虫をビオラのプランターで見つけ、エサとしてビオラの葉を与えていました。

G20231102_産卵_赤丸付き「ツマグロヒョウモン」のメスは、お腹を丸めて(写真の赤丸)、何度も産卵していました。
どんな状態で越冬するのでしょうか。
卵のままか、幼虫になってからか。疑問が残ります。
 
2023年11月03日 22:05

〒 920-3114
石川県金沢市吉原町ヘ99
TEL:076-257-6755

モバイルサイト

学研森本教室スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら